年金だけでは食べて行けない年老いた珈琲豆焙煎屋の残日録

来年の秋に70歳になります。それなりの人生経験を積んで来ています。主に、その人生経験を基にした記事を作成しています。

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

京都・六曜社三代記、喫茶の一族

下のリンクは、アマゾンの商品ページにリンクしています。下のリンクを経由してアマゾンの商品ページを訪問して、もし購入して頂ければ、幾ばくかの小遣い銭が年老いた珈琲豆焙煎屋に入ってきます。

京都・六曜社三代記 喫茶の一族

京都・六曜社三代記 喫茶の一族

  • 発売日: 2020/08/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

2020年9月1日、初版発行、京阪神エルマガジン社発行の「京都・六曜社三代記、喫茶の一族」を読みました。著者は、京都新聞に勤務されている樺山聡(かばやまさとる)さんです。

京都の六曜社という喫茶店の名を、年老いた珈琲豆焙煎屋は、何故か、半世紀近く前、20歳前後の頃から聞き知っています。

 

京都・六曜社は、全国的なマスコミや著名人の文章の中にしばしば登場する老舗の喫茶店ですが、年老いた珈琲豆焙煎屋は、今も昔も訪れたことがありません。20歳代・30歳代の頃は、時々、京都に出掛けたりしていたのですが・・。

「京都・六曜社三代記、喫茶の一族」は、その老舗喫茶店の経営者三代、初代の奥野實・八重子夫妻、二代目の奥野修さん、三代目の奥野薫平さんの生き様を物語風ノンフィクションとしてまとめた著作、それが年老いた珈琲豆焙煎屋の読後感です。

 

年老いた珈琲豆焙煎屋が夫婦2人だけで営んでいる自家焙煎コーヒー豆小売専門店「エカワ珈琲店」ですが、その前身は、年老いた珈琲豆焙煎屋の母親が営んでいた純喫茶コロナという屋号の喫茶店です。

店舗兼自宅の喫茶店で、京都・六曜社の喫茶店と同じくらいの席数でしたから、1960年代、1970年代前半頃の喫茶店の雰囲気は、子供心に覚えています。

『京都・六曜社三代記、喫茶の一族』を読んでいると、その子供の頃の記憶が蘇ってくるようで一気読みしてしまいました。

 

珈琲専門書籍でも、喫茶店・カフェ案内書籍でもなくて、六曜社という京都の老舗喫茶店にまつわるノンフィクション物語で、読み物としての出来栄えはお金を出して購入するのに十分な水準に達していると思います。

お金を出して購入して損をしてしまったという、あの何んとも言えない脱力感に襲われる類の喫茶店・案内書籍とは、一味も二味も違う本だと思います。

おそらく、そのように感じるのは、年老いた珈琲豆焙煎屋だけ、ということは無いと思っています。