年金だけでは食べて行けない年老いた珈琲豆焙煎屋の残日録

来年の秋に70歳になります。それなりの人生経験を積んで来ています。主に、その人生経験を基にした記事を作成しています。

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

エカワ珈琲店の履歴書

エカワ珈琲店の履歴書とエカワ珈琲店の店主の履歴書を、ずうずうしいかもしれませんが、noteにて200円で有料公開させて頂いています。

もし興味があれば、エカワ珈琲店に200円を寄付するつもりで記事を購入して頂ければ幸いです。

f:id:ekawa:20171219211814g:plain

エカワ珈琲店のスタッフです

エカワ珈琲店の前身「純喫茶コロナ」が創業したのは昭和30年秋のことで、その後、平成と年号が変わった年に自家焙煎コーヒー豆小売専門店に衣替えしました。

エカワ珈琲店の現店主ですが、平成4年の春、夢を求めて脱サラ(脱公務員)して、その後、20数年間、大きな夢が小さな夢になって、その小さな夢も見えなくなってしまって、食べて行くだけの零細生業パパママ店として生き残っています。

大きな夢も小さな夢も適えられなかったわけですが、自営業者苦難の時代に20年間も零細生業商売を続けているのですから、もしかしたら、自慢できることなのかもしれません。

 

記事全文(約5000文字)は、note にて有料で販売させて頂いています。

note.mu