年金だけでは食べて行けない年老いた珈琲豆焙煎屋の残日録

来年の秋に70歳になります。それなりの人生経験を積んで来ています。主に、その人生経験を基にした記事を作成しています。

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

あなたの暮らしている街で、お気に入りの珈琲豆自家焙煎屋さんを見つける方法 | 例えば和歌山市で【案内版】

近くの流通小売店舗で売っている、賞味期限が3か月~1年の大量生産された焙煎コーヒー豆(レギュラーコーヒー)では無くて、焙煎日から1か月以内の新鮮な焙煎コーヒー豆でコーヒーを淹れて、香りや風味とコーヒーブルームを楽しみたいと思うなら、地元のコーヒー豆自家焙煎店を探してみてはいかがでしょうか・・・。

 f:id:ekawa:20190323132649p:plain

 

焙煎コーヒー豆は、微生物に好かれていないので、それに加えて、抗酸化作用の強い成分がたくさん含んでいるのでいるので、保存方法や包装方法に問題がなければ、3か月~半年くらいは腐敗しないと思います。

しかし、「腐敗していないコーヒー」と「古いコーヒーor新鮮なコーヒー」は、全く別の概念だと考えています。

 

新鮮なコーヒーには、美味しいコーヒーと不味いコーヒーがありますが、腐敗していないけれども古くなったコーヒーには、不味いコーヒーだけしか無いと年老いたコーヒー豆焙煎屋は考えています。 

 

ということで、焙煎コーヒー豆は、焙煎してから1か月以内の新鮮な焙煎コーヒー豆に限ると思っています。

新鮮な焙煎コーヒー豆と言えば、自家焙煎コーヒー豆です。自家焙煎コーヒー豆の一番賢い購入の仕方は、地元の自家焙煎コーヒー豆を利用する購入方法だと思っています。

 

そこで、あなたの暮らしている街で、お気に入りのコーヒー豆自家焙煎店を探す方法を紹介したのが、『あなたの暮らしている街で、お気に入りの珈琲豆自家焙煎屋さんを見つける方法 | 例えば和歌山市で』です。

  

この記事は、note で100円で販売しているあなたの暮らしている街で、お気に入りの珈琲豆自家焙煎屋さんを見つける方法 | 例えば和歌山市で案内版です。

 

あなたの暮らしている街で、お気に入りの珈琲豆自家焙煎屋さんを見つける方法 | 例えば和歌山市で

 

note の正規版は有料(100円)ですが、無料で読んで頂けるダイジェスト版もあります。

www.ekawacoffee.work