70歳、年老いた珈琲豆焙煎屋の残日録

古希を迎えている年金だけでは食べて行けない高齢者が、高齢者の話題を発信しているニュースレターのつもりです

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

48歳でタバコを止めました、50歳からは酒席も遠慮させてもらっています

f:id:ekawa:20190520214854j:plain

50歳を超えてから10数年以上経過していますが、親睦会や懇親会などの「酒席」に出席したことは、その間ほぼ皆無です。

もともとお酒が好きではなかったのですが、20年くらい前(50歳の手前くらい)までは、招待されれば断らずに出席していました。(お酒に弱いので、酒席では、ほとんどお酒を飲まなかったわけですが。)

 

それが、家庭の事情と財政的な事情が重なって、招待を断り続けているうちに、酒席に誘われることが無くなってしまいました。家でお酒を飲むことなどありませんから、過去10数年間、お酒を飲んだことがありません。

 

タバコは、20年近く前、48歳の夏にキッパリと止めました。それまでは、毎日60本くらいタバコを吸っていました。

何回も1日に吸うタバコの本数を減らすことに挑戦したのですが、本数を減らすことができず、最後の手段ということで、キッパリとタバコと縁を切ることにしました。

最初の10日間くらいは、タバコを吸いたいという欲求との闘いでしたが、それを過ぎると欲求の度合いが少なくなって行き、1ヶ月も経つと、タバコを吸いたいと思わなくなっていました。

 

私(エカワ珈琲店のオーナー)がタバコを止めたのは、経済的な理由と健康のため、それに仕事のためです。

タバコを吸わなくなってからは、家業のコーヒーの香りが、一段と強く感じられるようになりました。

また、タバコを吸っていた頃は理解できていなかったのですが、タバコを吸うことによる他人への迷惑は相当なものです。

 

その事に、タバコを吸わなくなってから気づきました。タバコを吸うのをやめることで、あのタバコが創り出す嫌なニオイに気が付いたわけです。

20年近く前、思い切ってタバコを吸うのを止めてよかったと、心底、そう考えています。2019年の現在、私の周辺でタバコを吸っている人はほとんど見かけませんから・・・。

 

現在(2019年5月、67歳)の私(エカワ珈琲店のオーナー)の嗜好品は、コーヒーと甘いものだけです。しかし、甘いものの摂取は、できるだけけ抑えなければと考えているので、コーヒーが唯一の嗜好品になる日が近いかもしれません。

ちなみに、甘いものが好きですが、糖尿病の検査をしても異常は見つかりません。考えて見れば、私の仕事は珈琲屋ですから、糖尿病の予防効果が高いと言われているコーヒーを毎日、マグカップで3杯~5杯くらい飲んでいるわけで、それが仕事の一部になっているわけですから。